APPS 美容液 効果

APPS配合の美容液って効果あるの?エイジングケアにもオススメ!

ビタミンC誘導体はエイジングケア用の美容液でよく使われている美容成分ですが、使うとどのような美肌効果が得られるのか?

 

ビタミンC誘導体ってよく聞くけど、あまり詳しく知らないという方も多いのではないかと思います。

 

 

ビタミンC誘導体の特徴は低刺激にもかかわらず美白効果が高い成分で、肌の悩みに対して様々なアプローチができる成分です。

 

 

メラニンの生成を抑制する働きがあるのでシミ対策へのアプローチ

 

皮脂分泌量を抑える効果が期待できるのでニキビケアにも最適

 

コラーゲン生成をサポートしてくれるので肌のたるみにも有効

 

過剰な皮脂分泌を防ぐので毛穴を引き締める効果にも期待

 

活性酸素を除去してくれるのでシミやシワなどの対策にも有効

 

 

 

ビタミンC誘導体はこれだけの効果が期待できるのでアンチエイジング用として多くの美容液に使われているんです。

 

 

ビタミンC誘導体が配合していればどんな美容液でもいいの?

 

ビタミンC誘導体といってもその種類は1つだけではありません。

 

ビタミンC誘導体は3つのタイプに分かれていています。

 

水溶性のビタミンC誘導体

 

油溶性のビタミンC誘導体

 

水溶性と油溶性の両方の特性を持つビタミンC誘導体

 

 

どの成分が水溶性でどの成分が油溶性なのか?

 

おそらく美容液の成分一覧を見てもよく分からないと思いますので、それぞれの成分がどんな表示名なのかを紹介しておきます。

 

水溶性のビタミンC誘導体

アスコルビン酸グルコシド(AA-2G)

 

アスコルビルエチル(3-0-エチルアスコルビン酸)

 

アスコルビルリン酸Na(VC-PNA、APS)

 

リン酸アスコルビル酸Mg(VC-PNG、APM)

 

グリセリルアスコルビン酸(VC-2G)

 

 

油溶性のビタミンC誘導体

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VC-IP)

 

ジパルミチン酸アスコルビル(ビタミンCパルミテート)

 

 

現在ビタミンC誘導体として使われている成分がこれらの成分になります。

 

水溶性のビタミンC誘導体は主に化粧水などに配合されていることが多いです。

 

逆に油溶性はクリームなどのスキンケア商品に多く使われていますよ。

 

 

そして水溶性と油溶性の両方の特性を持つビタミンC誘導体が、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Naです。

 

このパルミチン酸アスコルビルリン酸3NaがAPPSです。

 

 

APPSはビタミンC誘導体の中でも優秀な成分

 

水溶性と油溶性の両方の特性を持つビタミンC誘導体APPSの一番の凄さは浸透力です。

 

水溶性のビタミンC誘導体と比較すると浸透力の高さは100倍以上!

 

それだけ肌の奥にへと有効な成分を与えることができるということです。

 

それに肌に馴染みやすく、即効性も期待できますよ。

 

 

低刺激という部分もAPPSは通常のビタミンC誘導体と変わりはありませんので、敏感肌の方でも使いやすいですね。