ビタミンC ビタミンC誘導体 違い

ビタミンCとビタミンC誘導体って何がどう違うの?使うならどっちの成分がいい?

シミ対策やシワ対策、また美肌ケアのためにビタミンCは優れた成分です。

 

 

肌の老化対策にはビタミンCが有効と昔から言われていますからね。

 

 

でもビタミンCはそのままだと化粧品に配合するのが難しい成分なんです。

 

劣化も早いし、成分的にも不安定な働きをすることもしばしば…。

 

 

 

またビタミンCは肌の奥にまでなかなか浸透しにくい成分なんですね。

 

それに使うと肌への刺激が強いことでも有名です。

 

使って肌がピリピリすることもあるので、敏感肌の方だと安心して使えないというデメリットがあるんですよね。

 

 

 

そこで開発されたのがビタミンCの成分はそのままで、刺激を少なくし浸透力を高めた成分がビタミンC誘導体です。

 

 

ビタミンC誘導体はビタミンCよりも浸透力が高いので、肌の奥にまで成分を浸透させることができます。

 

肌の奥にまで浸透させることで、肌のターンオーバーを正常にさせることができるので、シミ対策やシワ対策もこれまで以上の効果が期待できるということです。

 

 

シミやシワだけでなくビタミンC誘導体はニキビケアや毛穴ケアにも有効な成分ですので、様々な肌トラブルに対して効果を発揮してくれます。

 

 

ビタミンCとビタミンC誘導体の違いまとめ

 

 

美肌を目指すなら肌の奥に有効な美容成分を与えて上げる必要がありますが、

 

ビタミンCはそのままだと肌への浸透力は高くないので、美肌効果は期待できない。

 

それに刺激が強い成分なので敏感肌の方には向いていない成分です。

 

 

ビタミンC誘導体はビタミンCの成分をそのまま活かし、人工的に改良された成分で、浸透力はビタミンCよりもはるかに優れている成分です。

 

それでいて刺激も少ないのでエイジングケアとして多くの化粧品や美容液に使われています。

 

 

あらゆる肌トラブル対策としてビタミンC誘導体は効果が期待できるので、シミが無くならない方やニキビ対策だけでなく、毛穴ケアや肌のたるみケアにも有効な成分ですよ。